houkineko’s blog

「読書アウトプット」や「やりたいことリスト消費日記」等、自分用記録の一貫で使用しています。

「何も変わらないでいてね、そのままで。」ジャズ・スタンダード曲を和訳!Frank Sinatraさんの「My Funny Valentine」

洋楽歌詞 ホウキ猫オリジナル和訳:Frank Sinatra「My Funny Valentine」

 

〈目次〉

 

 はじめに 

自己紹介

こんにちは。ホウキ猫と申します!

このブログでは、筆者の気になる洋楽を和訳し、皆様にお勧めしたりとマイペースに活動しています。

読んでいただけたら嬉しいです。宜しくお願いします^^

 

今回ご紹介する曲は・・・・

Frank Sinatraさんの「My Funny Valentine」です。

 

それでは和訳していきます!!!Let's Go!!

 

f:id:houkineko:20200826234134j:plain

 

 歌詞オリジナル和訳

My funny valentine, sweet comic valentine

私の可笑しなバレンタイン、

愛おしくて少し滑稽な貴方

 

You make me smile with my heart

Your looks are laughable

貴方は私を心から笑わせてくれる

笑っちゃうような容姿だけれど

 

Un-photographable

Yet you're my favorite work of art

とてもじゃないけど写真向きの顔立ちじゃないわ

でも、私にとって貴方はお気に入りの芸術作品よ

 

Is your figure less than Greek?

Is your mouth a little weak?

体つきはギリシャ人に劣るかしら

口元は少し緩すぎるかしら

 

When you open it to speak

Are you smart?

貴方は賢く会話を進められるかしら?

 

Don't change a hair for me

Not if you care for me

でも、貴方は私のために何も変わらないでいてね

私を気にしないで。

 

Stay, little valentine, stay!

Each day is Valentine's Day

そのままでいるのよ、愛おしい恋人さん

なんだか毎日がバレンタイン・デーね。

 

Don't you change one hair for me

Not if you care for me

でも、貴方は私のために何も変わらないでいてね

私を気にしないで。

 

Stay, little valentine, stay!

Each day is Valentine's Day

そのままでいるのよ、愛おしい恋人さん

なんだか毎日がバレンタイン・デーね。

 

 

『引用』英語の歌詞:Frank Sinatra「My Funny Valentine」

※和訳:ホウキ猫オリジナル

 

 

 曲の概要

 

この曲は、1937年にリチャード・ロージャスが作曲ロレンツ・ハートが作詞した「My Funny Valentine」のカバー曲です。

 

今回は元の曲ではなく、あえてお気に入りのフランク・シナトラさんを和訳させていただきました。

 

この「My Funny Valentine」は代表的なジャズ・スタンダード曲とされていて、数々の著名人がカバーしています。

 

〈カバーした著名人〉

マイルス・デイヴィス

*エラ・フィツジェラルド

サラ・ヴォーン

スキャットマン・ジョン

フランキー・ヴァリ

リッキー・リー・ジョーンズ

チェット・ベイカーなど

 

後から知ったのですが、2015年に公開したチェット・ベイカーの人生を描く伝記映画『ブルーに生まれついて(Born to Be Blue)』の作中でもこの歌が歌われています!

 

歌っている方は何と俳優のイーサン・ホーク!!

(余談ですが、筆者は彼の出演した映画『ガタカ』が大好きです。こちらもお勧め!)

 

そして、彼はトランペットの演奏が上手!!!!

作中のトランペットの音がとても素敵でした・・・。

気になる方は是非チェックしてみてください!!

YouTubeのCMにもこの曲が流れていましたよ!

 

 まとめ

今回は男性の歌う「My Funny Valentine」ばかりお勧めしてしまいましたが、もちろん女性の歌う「My Funny Valentine」も最高です!!

 

なんといっても曲自体が素敵だから、いろんなアレンジが効くように思えます。

 

女性バージョンですと、エラ・フィツジェラルドさんがお勧めです!

大人の魅力が集まった深みがあるお声ですよ!!

 

この曲は、歌う人によってまた違う魅力を見せてくれます。

是非お気に入りを見つけてみてください!

それでは今回はここまで!!

 

この曲を気に入ってくださる方がいたらとても嬉しいです^^  

最後まで読んでくださりありがとうございました!

f:id:houkineko:20200620130606p:plain