houkineko’s blog

「読書アウトプット」や「やりたいことリスト消費日記」等、自分用記録の一貫で使用しています。

お金持ちの思考サイクルとは? 「ミリオネア・マインド大金持ちになれる人」を読んで学んだこと

【「ミリオネア・マインド大金持ちになれる人」を読んで学んだこと】

 

 

目に見えない「原因」が、目に見える「結果」を生み出している

→目に見えない要素が重要(原因結果論)

 

思考→感情→行動→結果

 

【お金の設計図を書き換える4つの段階】

①認識 : 自分のお金に対する認識を知る

②理解 : 自分の考え方が何に端を発しているか、誰に教え込まれたものか

③削除 : 豊かさへの障害になる考え方を見直す

④再プログラミング 

 

自分が人生の運転席に座っていると考える

 

【お金に縁のない人】

・自分の責任を認めず、責任転嫁したがる

・無能な自分を正当化する

・うまくいかないことばかりに目を向け愚痴る

 

「被害者意識を持った金持ちはいない」

 

→自分が責任転嫁し、正当化をし、愚痴を言っているのに気づいたら、人差し指で喉を掻っ切る動作をする

→結果報告の習慣化

 

・経済的目標を書き出そう(A.年収 B. 資産総額)

→金額と合わせて期限も設定する

 

【3つの欲求レベル】

①金持ちになれたら良いと考えるレベル

②金持ちになることを自ら選択するレベル

③絶対に金持ちになると決めているレベル

 

・金持ちになることに価値を置く理由を明確にする

・手を差し伸べてくれる友人や家族に話を聞いてもらう(自分の決意を宣言する)

 

・自分が生まれつき持っていると思われる才能を書き出す(得意なこと)

 

お金持ちになれる人は「自分の欲しいもの」に意識を集中させるのに対し、お金に縁のない人は自分の欲しくないものに意識を向ける。

→時間とエネルギーは自分の欲しいものを手に入れるために使うべき

 

・取り敢えず行動を起こす

・楽観的に考える

・自分の「強み」に注目する

 

実際に金持ちになった人の方法を学ぶことが金持ちの仲間入りをする一番手取り早い方法

 

・成功し、巨万の富を手にした人の自伝を見つけて読む

・高級なテニスクラブ、スポーツクラブ、ゴルフクラブ、またはロータリー・クラブなどに入会してみる

・否定的な人間や否定的な状況「極力避ける」

・くだらないテレビ番組を見るのをやめる

 

〈ビジネス指針〉

・現在扱っている(またはこれから扱おうとしている)商品またはサービスの価値にどれぐらい自信を持つまでいるかを十段階で評価する

・色々な本を読み、セミナーのCDを聞き、マーケティングや営業の研修を受ける

 

「金持ちになれる人は、自分が抱える問題より器が大きい」

 

・提供した価値の対価はきっちり受け取ること

・「成果」に応じて報酬を受け取る意識

 

『勤労所得』と『総資産』の違いをよく心得ておく

 

〈資産を構成する4つの柱〉

①所得

②貯蓄

③投資

④節約

 

勤労所得 : 働いて得るお金(全てのお金の源)

不労所得 : 働かずに得る所得(消費、貯蓄、投資用)

 

・総資産計算書を作成してみる

・優秀なファイナンシャルプランナーを把握しておく

 

〈口座分け〉楽しみながらお金の管理

・自己投資 10%

・必要経費 55%

・寄付用 10%

 

〈口座分け 具体的行動〉

①銀行に口座を開き、収入があるたびに、その10%(税金を引いたのち)を「経済的独立用」として貯金に回す

②「経済的独立用」貯金箱をつくって、毎日お金を入れる

③「遊び用」の口座を開くか、遊び用の貯金箱をつくって、収入の10%を貯金する

④金額に関係なく、今持っているお金の管理をすぐに開始する

 

※勉強をおこたらないこと

 

〈気持ちの切り替え〉

・お金に関して抱く恐れや不安を3つ書き出し、それと勝負する

・パワー思考(幸福と成功に直結くる思考)だけに注意を向ける

 

f:id:houkineko:20200620130606p:plain