houkineko’s blog

「読書アウトプット」や「やりたいことリスト消費日記」等、自分用記録の一貫で使用しています。

財務諸表とは??B/S、P/L、C/Sの3点を詳しく解説!!

*財務諸表について(B/S・P/L・C/S)

 

〈目次〉

 

 はじめに

皆さんこんにちは。ホウキ猫と申します!

このブログでは、筆者の気になる雑学を調べて記事にしています。

読んでいただけたら嬉しいです。宜しくお願いします^^

 

さて、今回ご紹介する雑学は・・・

 

財務諸表についてです!

 

今回は、経営学に手を出してみました。

主に、3つの財務諸表「B/S」・「P/L」・「C/S」についてわかりやすく解説していきます!

 

f:id:houkineko:20200825150157j:plain

mohamed HassanによるPixabayからの画像

 

 

 財務諸表とは

 

そもそも財務諸表とはなんでしょうか?

 

簡単に言うと「会社の経営成績報告書」です!

一般的には決算書とも言われているそう。

 

その中でも、「B/S」・「P/L」・「C/S」は有価証券報告書で、

財務三表と呼ばれています。

 

貸借対照表「B/S」Balance Sheet

 内容:決算日における会社の財政状態

 

損益計算書「P/L」Profit & Loss Statement

 内容:一年間の利益と損失

 

キャッシュフロー計算書「C/S」Cash Flow Statement

 内容:一年間における現金の動き 

 

今回は、難しい言葉はなるべく使わず、

内容をお伝えすることを重視していきたいと思います!

 

 

 貸借対照表「B/S」

 

貸借対照表「決算日における会社の財政状態を表します。

つまり、決算日時点の企業のストック(資産・負債)の計算書です。

※「B/S」はビーエスと読みます。

 

この表を見ると、企業が儲かっているか、あるいは借金を背負っているのかがわかります。

また、どこからお金を調達し、何に使っているのかを把握することが可能です。

 

 

貸借対照表には主に「資産」「負債」「株主出資(純資産)」が書かれています。

f:id:houkineko:20200825125923j:plain

見方としては、下記の3点に注目しましょう!

 

①どこから調達したか

②投資先、またはどこから借金をしたか

③どう運用しているか

 

右から左へ目を通していくのがお勧めです。

 

ちなみに儲かっている企業は、当然資産が多いです。

そのため、負債・株式出資等とバランスを取るために、右下に「利益剰余金」と言う欄を設けているそう。

今までどのくらい儲けてきたかを載せることで左右記載の釣り合いを保たせています。

※利益剰余金:会社が生み出した利益を積み立てたお金

 

 

 

 損益計算書「P/L」

 

損益計算書「一定期間の経営成績」を表します。

「収益」と「費用」を集計・計算し、どのくらい会社が儲かっているのかまとめたのが損益計算書なんです。

 

主に、3つの収益5つの費用が記載されています。

 

売上高(販売代金、サービス提供代金)←基本的な収益

売上原価(商品の仕入値、製造原価)

売上総利益(売上から売上原価を引いたもの=粗利)

販売費および一般管理費(人件費や販売手数料、諸経費など)

 

営業利益(営業活動で稼いだ利益)

営業外収益(受取利息、受取配当金など)

営業外費用(支払利息、割引料など)

経常利益(総合的な成績を表す利益)

特別利益(固定遺産売却益、投資有価証券売却益など)

特別損失(災害等が起こった場合の損失額)

税引前当期純利益(税を引かれる前の利益)

法人税法人税、住民税)

・税引後当期純利益(最終利益)←処分可能な利益

 

前半(売上高〜販売費および一般管理費) は本業の儲け、後半(営業利益〜当期純利益)は反行以外の儲けがわかる仕組みです。

 

P/Lが原因なのに対して、B/Sは結果。

B/Sを詳しく読み解く為にはP/Lを確認する必要があります。

 

 

 キャッシュフロー計算書「C/S」

 

そもそもキャッシュフローとはなんでしょうか。

キャッシュフロー「お金の流れ・出入り」「現金残高」を表します。

 

キャッシュインフロー:売上入金、設備売却等の「収入・入金」のこと

キャッシュアウトフロー:経費支払い、借金などの返済等「支出・出金」のこと

 

つまり、キャッシュフロー計算書では「一年間における現金の動き 」を表し、

その企業のお金がどのくらい増減したのか読み取ることが可能です。

※キャッシュ:現金、現金同等物のこと

 

C/Sでは、主に「営業」「投資」「財務」の3つに分けて記載されています。

 

「営業」(営業利益、仕入支払、経費支払など)

→一年間にどのくらいのお金の出入りがあったのか確認出来る

 

「投資」(固定費資産取得、売却有価証券取得など)

→投資、資産運用を目的としたお金の出入りの確認が可能

 

「財務」(借金の返済、株式発行など)

→資金の不足、または返済等のお金の調節確認が可能

 

 

 

 まとめ

 

今回は簡単に財務諸表について(B/S・P/L・C/S)解説しました。

会計についての理解に役立つと嬉しいです。

 

また、この記事を書くにあたって下記の本を参考にしました!

この記事よりも詳しく解説されていますので、もっと知りたい方はぜひ読んでみてください。

 

『完全図解 行動会計 リーダーになるための会計力トレーニング』

著者:松原直樹

 

完全図解 行動会計

完全図解 行動会計

  • 作者:松原 直樹
  • 発売日: 2010/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

全てのページの右側に図が載っており、確認しながら勉強することができます。

経営についてしっかり勉強したい方、経営学について何も知らない方にもお勧め!

 

『はたらくみんなの会計力養成講座』著者:田中靖浩 

 

はたらくみんなの会計力養成講座

はたらくみんなの会計力養成講座

  • 作者:田中靖浩
  • 発売日: 2010/04/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 会話形式で話が進んでわかりやすい!

説明だけでなく、実際の企業を例にして比較しているので理解が深まります。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

f:id:houkineko:20200620130606p:plain