houkineko’s blog

「読書アウトプット」や「やりたいことリスト消費日記」等、自分用記録の一貫で使用しています。

ベンチャー企業の「ベンチャー」って何? そもそもベンチャー企業とは??

 

 

 

〈目次〉

 

 

はじめに

 

皆さんこんにちは。ホウキ猫と申します!

このブログでは、筆者の気になる雑学を調べて記事にしています。

読んでいただけたら嬉しいです。宜しくお願いします^^

 

さて、今回ご紹介する雑学は・・・

 

ベンチャー企業についてです!

 

就活の際によく聞く「ベンチャー企業」。

 

そもそもベンチャー企業とは何でしょうか?

ベンチャー企業の歴史、向いている人等、掘り下げながら解説していきます!

f:id:houkineko:20201018125316p:plain

GraphicMama-teamによるPixabayからの画像

 


 

 

ベンチャー企業とは?

 

ベンチャー企業とは、新しい事業へ取り組む会社のことです。

俗に、新しいサービスやビジネスを展開し、成長過程にある会社のことを指します。

 

ベンチャー企業」には以下の三点が期待されています。

 

 

1. 新たな市場分野の開拓

2. 新規の雇用の創出

3. 新たな技術やビジネスモデル創出

 

出典、参考:Wikipedia

 

つまり、独自の技術を持っていたり、新たなビジネス展開を期待される企業であると言えます。

 

ちなみに、ベンチャーとは「企業として新しい事業へ取り組むこと」を意味します。

その為、ベンチャーというと新規の起業ビジネスを連想される方が多いと思いますが、起業だけでなく、既存の企業が新たな取り組みに挑戦することも「ベンチャー」と言います。

 

ベンチャー企業:新しい事業へ取り組む成長過程にある会社のこと

 

社内ベンチャー:既存の企業が新たな取り組みに挑戦するために作られた組織

 

 

 

過去のベンチャーブーム

 

1970年代 第1次ベンチャーブーム

 

中小企業投資育成会社の設立・店頭登録制(日本証券業協会)の創設により、ベンチャー企業が活発化する。その後、日本ベンチャー・ビジネス協会が設立された。

 

1980年代 第2次ベンチャーブーム

 

→電子工学などの発達により、ベンチャー企業ベンチャーキャピタル(VC)の増加。

 

VC:ベンチャー企業への投資、売却をすることでお金を得ることを目的とした集団。またそのような投資をする会社。

 

 

また、大学発のベンチャー起業も多くあります。

その背景には、大学発のベンチャーを2002年〜2004年にかけて1000社設立するという「大学発ベンチャー1000社計画」実行があり、この目標は達成され、経済産業省は2005年末には1503社に達したと発表しています。
 

 

ベンチャー企業のメリット・デメリット

 

 

「メリット」

 

・新しいことにチャレンジすることができる

→仕事の幅が広く、様々な役職を兼ねることで出来る可能性が高いです。

 

・実力発揮のチャンスが多い

→少人数で事業活動を行うため、実力がある人は重宝されます。

 

・仕事仲間の距離感が近い(働く人との一体感がある)

→少人数を行うことが多い分、必然的に接する機会が多いです。

 

・様々な経験を通じて成長できる

→幅広く働けるため、成長するチャンスも多いです。

 

 

 

「デメリット」

 

・会社とミスマッチしてしまうと大変

→これはどの企業にも言えることですが、ベンチャー企業の場合、ミスマッチしてしまうと少人数活動の会社が多いため、より大変であると言えます。

しっかり会社の特色を調べた上で就職しましょう。

 

・収入

ベンチャー企業は総じて給料は高いとはいえません。企業によってはボーナス・福祉厚生が整っていないところもあります。(しかし、早くに昇進したり、仕事ぶりが良ければ高給も期待できます。)

 

・会社自体のリスク

ベンチャー企業は良くも悪くも未だ成長途中の企業です。安定性に欠け、倒産などのリスクもあります。

 

 

ベンチャー企業に向いている人

 

ベンチャー企業とは、新しい事業へ取り組む成長過程にある会社であり、様々なチャレンジ機会が多い反面、安定性のなさといったリスクが存在します。

 

では、ベンチャー企業に向いている人とはどんな人なのでしょうか。

 

 

ベンチャー企業に向いている人〉

 

・チャレンジ精神がある

・好奇心旺盛

・行動力がある

・将来企業を考えている人

・経験を積み、成長したい人

・新たなビジネスに関わりたい人

・人とコミュニケーションをとることが好きな人

・仕事にやりがいを求める人

マルチタスクをこなすことが出来る人

・仕事仲間とは近い距離で働きたい・協力し合いたい人

・柔軟な人

 

 

これらのような方が向いています!

積極性のある方、向上心のある方はベンチャー企業への就職・転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

ベンチャー企業とは成長過程にあるため、様々なチャレンジ・経験を積むことができます。

将来に希望のある会社です。

企業とともに成長していきたい人にとってはぴったりの会社ですね。

 

ベンチャー企業」とは何か、大まかなイメージを掴むことができましたでしょうか。

もし、この記事が役に立っていましたら嬉しいです。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

f:id:houkineko:20200620130606p:plain